昨年も評判がよかった菊乃井(きくのい)の二段重~三段重ですが、
2018年おせちのインターネット通信販売の予約が始まりました。

「菊乃井」は、京都の街並みを千数百年の昔から眺める東山にあります。

屋号は、豊臣秀吉の妻・北政所(ねね)が茶の湯に用いたとされる「菊水の井」のお水を使って料理を作るようになったことから決まりました。

現在の主人の村田吉弘さんは3代目です。

2018年のおせちは、二段重と三段重の料理が選べます。

菊乃井(きくのい)二段重~三段重は、こちらで予約が出来ますよ。

菊乃井 おせちはコチラ

届くのが楽しみですね^^